わきがの人は手汗をかきやすい

ワキガは脇下の皮膚の奥にあるアポクリン汗腺から分泌する汗と皮膚の常在菌により、臭い成分が分解されて臭いを放つと言ったメカニズムがあります。
わきが治療の方法には外科手術を行ってアポクリン汗腺を切除する、もしくは機能を停止させる方法、超音波を使ってアポクリン汗腺の活動を停止させる方法、ボトックス注射を使いアポクリン汗腺の活動を一時的にストップさせる方法などがあります。

外科手術の場合、保険治療を行っている病院での診察結果がわきがと言う診断が下された場合、わきが治療にかかる費用は保険治療が可能になるので健康保険が適用されるため3割負担で済みますが、それ以外の治療法は自由診療扱いになるので費用負担は全額になると言った違いがあります。

自分がワキガの症状を持つのかどうかが良く分からないと言った軽度の症状の場合、耳掃除をした時に耳垢が湿っている場合や脇毛に白い粉が付いている場合、白いシャツの脇下部分が黄ばんでいる場合などではワキガの症状があると言います。
耳垢が湿っているとワキガの症状がある可能性が高いという理由は、耳の中はアポクリン汗腺が多く集まっている部分でもあり、ワキガの症状を持つ人はアポクリン汗腺が活発になっているため、耳垢が湿っているケースが多いのです。

アポクリ汗腺は乳輪回りや手の平にも多く集まっていると言われており、手汗をかきやすい人と言うのはわきが体質の可能性があると言います。
手汗と言うのは、電車の中でつり革を掴まると汗がつり革に移ってしまうので困ると言う人も多くいます。

多汗症と同じように、手汗は精神発汗による汗の分泌が行われる事が多いので、緊張をした時や汗をかいてしまうのではないかと言う不安から手汗が多く出てしまう事もあります。

尚、ワキガは臭いが特徴の汗による症状で、手汗の場合は常在菌による汗の分解が起こり難いため、臭いそのものによる影響は少ないのですが、制汗剤などを利用する事で汗を抑える効果を期待する事が出来ます。