手汗が止まらない場合の対処方法

大勢の人の前で発表を行う時、意中の人とデートをする時、手が汗で濡れていると集中できないし、相手に不快な思いをさせてしまうのではと気が気でない、とお悩みの方もいるのではないでしょうか。
手汗止まらない場合の対処方法を説明します。
そもそも、なぜ手汗が噴出してしまうのかというと、交感神経の興奮が大きく関係しています。緊張状態になると、交感神経が刺激され、汗が吹き出してしまうのです。普通の方ならじんわりと汗ばむ程度ですが、汗がしたたり落ちるほど大量に出る場合は、多汗症のひとつである手掌多汗症の可能性があり、適切な治療が必要となります。
手掌多汗症は、自律神経の乱れにより、常に交感神経が刺激され、汗が大量に出てしまいます。自律神経は、ストレス、疲労、不安、過去に受けたトラウマなどによりバランスが崩れ、体のあらゆる面において影響を及ぼします。
手掌多汗症の治療は、大きく分けて薬物治療と心身治療があります。
神経遮断薬により交感神経の働きを弱める方法や、ボツリヌス注射によって汗の量を減らす方法などがあります。塩化アルミニウム外用制汗剤を手のひらに塗り、汗腺を一時的に塞いで汗を出にくくするという治療もあります。
心身治療は、「また発汗が収まらないのではないか」「発汗により不快な思いをさせてしまうのでは」と不安に陥ることで、より発汗が止まらなくなってしまうという悪循環を和らげるため、精神安定剤の投与や自律訓練法などを行います。
また、汗腺に電流を流して汗を抑えるイオントフォレーシス法や、胸腔鏡下交感神経節遮断術という手術によって手掌多汗症の治療を行うこともあります。しかし、手術で手汗を完全に遮断してしまうと、胸やお腹、背中、お尻、太ももなどに汗をかきやすくなるという副作用もあります。
いずれの方法においても、個人によって効き目に多少の差があります。医師ともよく相談したうえで、自分に合った治療法を選択しましょう。