手汗をなくすにはどのような手段があるか

いざ握手をする際や人に手渡しで何かを渡す際、またスマートフォンやタブレットの誤操作が起こりやすく悩みの種なのが手汗です。

このことで悩んでいる人は実はかなり多く、様々な手汗をなくす方法が紹介されている情報サイトも存在するほどです。まずどうして手汗が起こるかというと、その原因は自律神経内の交感神経が過剰に働く為で、特に手のひらは緊張や興奮をした際に交感神経が刺激されやすく、そのため精神性発汗の1つ「手掌多汗症」という症状が出ます。

この症状は日本国内では200人に1人が発症しているそうで、根本的な治療方法は今の所ないのですが手汗を改善したり緩和する手段は色々存在します。例えば手っ取り早いのが塩化アルミニウム液(市販の制汗剤に使用されている成分)を手のひらに塗り汗を一時的に止める方法があります。
この塩化アルミニウム液は一部の処方箋薬局や通販で販売している薬局も存在しますが、市販の塩化アルミニウム液が配合された制汗剤を使用するのが一番簡単な方法です。

子供の手汗についてまとめられているサイトはこちら

ただし皮膚の汗腺に刺激を与えるのでお肌の弱い方は使用の際注意する必要があります。他の手段としては皮膚科で多汗症の際に処方される多汗症専門のお薬を服用する方法や汗などに効果的な漢方薬を使用する方法もありますが、お薬には副作用も起こり得ますし漢方は長く使用しなければいけないなども考慮しなければいけません。

またお薬に頼らずに改善したい方は日々の生活習慣を変える事も手汗を緩和するには大事な事です。例えば辛い物や汗が出る刺激物を控え交感神経をあまり刺激しない事、交感神経を抑えて副交感神経を優位にする腹式呼吸を行う習慣を身に着ける事、また睡眠の質を上げる事や半身浴を行うのも効果的です。

さらに汗が気になる際に手のひら周辺にあるツボを刺激するのも有効ですので試すと良いでしょう。ツボの種類としては手の平の真ん中にある労宮、親指と人差し指の骨の間の合谷を5秒間押すのを3回繰り返すとかなり汗が落ち着いてきます。